挙式したい気持ちと現実

入籍にあわせて結婚式を挙げたいけれど、中には事情があって挙式できないと言う夫婦もおられます。例えば病気で相貌がやつれている場合、参列者に心配をかけないためにも結婚式は挙げられないでしょう。一方少人数制結婚式であればそうした問題を気にせずとも好きなように挙式する事ができます。少人数制結婚式の中には両親だけを招くプランや友人だけを招くプランがありますので、気心の知れた人達だけを呼ぶ事が可能なのです。また万が一式の途中で体調を崩しても大勢の人達に迷惑をかけずに済みます。

授かり婚にとってもメリットが大きい

男女が結婚に至る理由は様々ですが、中には子供の誕生を切っ掛けに結婚する方がおられます。直近で出産を控えている場合費用がかかりますので、支出を抑える上でも少人数制結婚式は魅力的であると言えます。また授かり婚はデリケートな問題をはらんでおり、中には反感を覚える方もおられるでしょう。そうした人達を参列者として招いた場合、夫婦が嫌な思いをする事も少なくありません。一方少人数制結婚式であれば本当に信頼できる人達だけを招待できるのです。

思った以上に時間がかかる結婚式

大々的な結婚式を開催しようと思えば、できるだけ進行をウェディングプランナーに任せても多くの手間が生まれます。式場で流す音楽から写真の用意まで夫婦が関与しなければならない準備は多いのです。一方少人数制結婚式であればプログラムも短時間に抑えられますので、準備に時間がかかりません。こうした結婚式は入籍後すぐ海外に出なければいけないなど忙しい夫婦にとっても魅力的です。もちろん、招待する参列者が少ないからこそペーパーアイテムの準備などにも時間がかかりません。

彼女も御多分に漏れずムードに弱いです。そこで結婚式場を東京で挙げて、近くの横浜市で披露宴をあげました。

再婚から病気まで事情を抱えている人達のための結婚式を考える

Post navigation