スピーチの基本の構成を理解する事からはじめよう

結婚式での友人代表のスピーチは、基本的に初めの挨拶、エピソード、結びのあいさつといった構成になっています。それを理解した上でスピーチ内容を考える事と、失敗をする事はありません。まず初めの挨拶では、新郎新婦とそのご両家に対するお祝いの言葉を述べてから自己紹介をします。お祝いの言葉を述べた後に招待してくれた事へのお礼の言葉も添えておく事が、重要なポイントとなります。自己紹介の際には、いつごろからの友人であるのかを伝える事でゲストの方達も話の内容を理解しやすくなります。

エピソードの部分は最も大切な部分

友人代表スピーチで最も重要となる部分が、エピソードの部分となります。わかりやすい文章にするために、3つのパートに分ける事がポイントです。友人の人柄や性格を述べてから、そう感じた具体的な出来事を話すようにする事で、話の内容を理解しやすくなります。また途中で面白い話を取り入れる事で、スピーチを盛り上げる事が出来ます。結婚生活へのはなむけの言葉は、友人の長所となる部分を紹介しながら文章を作るといいでしょう。

言葉使いに誤りがないか確認しておこう

結婚式のスピーチでは、縁起が良くないとされる言葉を使う事はNGとなります。特に結婚式では様々な年齢層の方達が参加する場ですので、注意しなければいけません。代表される言葉として、別れるや終わる、最後にや帰るなどやそれを連想させる言葉は控えておきましょう。また重ね言葉も、気にする人がいるため使用するのは避けておきたいですね。例えば、再びやくれぐれもや次々などです。文章を作成出来たなら、最後に確認しておく事が重要なポイントとなります。

福岡の結婚式場選びで重要なのはやはり式場へのアクセスの良さです。天神や博多など公共交通機関の便が良い会場を選ぶと2次会への人の流れもよくなります。

内容に悩んでしまう方のために!結婚式の友人代表スピーチを簡単に作る3つの方法!

Post navigation