景気が悪くなった場合の経費削減

企業にとって経費は利益を圧迫するものでできるだけ少なくすることが大切と考えられていて、特に景気が悪いときには経費削減という言葉がいたるところで飛び交うのです。広告宣伝費であったり、消耗品費などが削減の対象となることが多く、削減しても企業活動にはあまり影響もなりことが多いのです。また多くの経費がある中で、売上に比例してかかる経費については削減することが難しいですが、問題なのは売上の高い低いにかかわらずに発生する固定費という経費です。

固定費の賃料を下げること

固定費の中でも人件費は大きな割合を占めますが、これはなかなか削減することは難しいのです。反面、事務所を賃貸している場合には、賃貸している物件を変えることで、毎月かかる家賃を減らすことができて、それを1年間通すことができ、経費削減に大きな貢献になることが多いです。例えば、入居している物件の築年数を古くすることで一般には賃料が安くなりますし、また交通の便が多少悪くなれば賃料は安くなります。しかしそれを実行することで社員の意識を下げることにつながるために避けるべきことです。

会議室はレンタルして使用した方が効率的

それではどの部分が削減対象になるかというと、賃貸している部分を見直すことです。例えば多くの企業では会議室というスペースも確保しています。しかしこれは会議をする際に使用するだけで、それ以外はデットスペースで無駄になります。その会議室のために毎月賃料を支払うことは固定費を高めることになるために、最近では会議室のスペースを賃貸する際には考えないことが多いです。最近では会議室をレンタルすることができるようになっていて、必要なときに必要な時間分の使用料を支払う方が効率的です。

円滑な会議を行うために、品川で会議室を探している方もいるでしょう。もし、安くて良い場所を利用したいのなら、専門業者に見積相談してみることをオススメします。

会議室スペースは考えない!?レンタルする方が効率的

Post navigation